引っ越し3月予約はいつから?

三重県鈴鹿市から、お隣の津市へと引っ越しをしました。料金は69,000円でした。
念願のマイホームでしたが、まだ1歳未満の赤ちゃんがいるので気が進みませんでした。しかし引っ越しは待ってはくれません。いよいよ腹をくくり「当日にやることを少なくする」を目標に、計画を立てました。

 

まず引っ越し1ヶ月前から、アパートの大掃除を始めました。夫の引っ越しを何度か手伝ったことがありましたが、クリーニング代を取られないようにと念入りに掃除したことを思い出したのです。赤ちゃんが後追い真っ盛りでしたが、1日1箇所、30分間集中してこなしていきました。
引っ越し1週間前。遂にマイホームの鍵の引き渡しになりました。そこからは毎日、大荷物と赤ちゃんを積んでアパートと新居の往復になりました。当日の荷運びと荷ほどきの作業を少なくするためでしたが、赤ちゃんを新居に慣れさせるという目的でもありました。

 

出典:引っ越し 3月 相場

 

そして引っ越し前日、休暇を取った主人と荷作りです。だいぶ運び出したと思っていましたが、日常的に使うものほど細かいものが多く、なかなか捗りませんでした。冷蔵庫を空にしていたため食べるものがなく、その日は義実家にお邪魔しました。

 

引っ越し1日目は、寝ている赤ちゃんを義両親に頼み、夫と朝早くからアパートへ行きました。引っ越し業者に頼んで大型の家電や家具は運んでもらい、遠方から来た両親の手伝いもあって、アパートはなんとか空になりました。

 

2日目は丸一日かけてアパートを掃除しました。じつは1日目の夜に赤ちゃんが蕁麻疹を出してしまい、それを気にかけながらの作業でした。日曜日だったので病院もお休みで、義両親には異変があったら連絡するようにお願いしていました。幸いにも発疹は治まっていきましたが、赤ちゃんは1日中機嫌が悪かったそうです。

 

3日目からやっと家族で新居に入りました。本当は夫婦だけで作業するつもりでしたが、義父が心配して見に来てくれて、結果としてとても助かりました。義父が子守してくれたので、私は底をついていた離乳食の準備、夫はテレビとネット回線の業者対応ができました。
バタバタとした引っ越しで、特に大切だと思ったのが作業をリスト化して共有することでした。実は夫と険悪化しそうになったことがありました。どちらも「自分ばかりが忙しくしているのでは?」と疑心暗鬼になっていたのです。

 

そこでリストを作って共有したことで、夫が転居の為に行っている手続き、私が日中している作業が明確になりました。自分の作業の進捗度の可視化という意味でもありましたが、お互いに安心して引っ越しに取り組めたことが大きかったです。

そこそこの価格

私は広島県尾道市内で引っ越しをしました。

 

以前住んでいたところからおよそ三キロくらい離れたところでした。その距離でのお金が89,100円でした。引っ越しの日にちは平日でしたので、引っ越し業者から聞いたところやはり安めで出来たとのことでした。

 

数社見積もりを取りましたが、一番安かったのでこちらにしたという経緯です。以前も利用した業者でもあったので安心して利用することが出来ました。何よりもいいところはサービスや対応がいいところです。分からないことがあればすぐに確認して連絡をしてくれたり、引っ越し前後には様子の電話をしてくれてきちんとお客さんのことをかんがえられた会社なのかなと思います。また、平日だったということもあったのか、思っていた以上に早めの引っ越しが出来たことが良かったです。

 

小さい子供もいたのであんまり遅くなる引っ越しは後々大変だなと思っていましたが、そこまで夜にかかることなく、スムーズに進んだことに感謝しています。何よりも業者さんの引っ越しの進み具合を見ていると分かりましたが、お互い声かけをしたりして家を大切に守りながら、そして家具なども大事に丁寧に運んでくれている姿を見てここの会社に頼んで良かったなと思いました。

 

そして、引っ越し先でたくさんの荷物を振り分けるときにあちこち場所が違うから毎度確認しないと分からないものもあったりして聞いてこられましたが、常に笑顔で嫌な顔1つもせずにこなされていたことが凄いなと感じました。

 

インターネットなどの口コミなどを見てるといろんな引っ越し業者のことについて書かれていますが、私がもしそこに利用した引っ越し業者のことについて書くとするのであればしっかりとした仕事をしてくれたことについてをしっかりと伝えて他のお客さんにもぜひ使ってほしいと伝えることが出来るほどいい会社だったなと思いました。

 

また引っ越しすることがあれば利用してみたいなと思います。

 

出典:引っ越し訪問見積もり